忘れていた言葉にできない感覚

ある感覚。

昨年12月25日のこと、娘、息子が習っているサッカーチームでの親子ファン大会がありました。年末恒例行事で3回目の参加でした。学生時代にサッカー経験があるので毎年楽しく参加している行事。腰と膝に古傷があるので毎回適当に流しながら楽しんでいました。

が…今年のパパチームの決勝戦(たかだか10分のミニゲーム)

例年になくサッカー経験者多数の決勝戦。

同じチームのパパたちの頑張りに”ある感覚”が目覚めてしまいました。

うまく言えないけど、本気⁇ 集中⁇みたいな…とにかく30年ぶりの感覚‼︎

50を過ぎ、それなりの社会経験もありそんな感覚が自分自身の中にまだ存在していることを自覚でき、これからの人生に間に合いそうです。

たかだか10分のミニゲーム

されど貴重な10分のミニゲーム

になりました。

妻や子供たちに本当の自分を初めてみせることが出来ました!